Advertising
OK We use cookies to enhance your visit to our site and to bring you advertisements that might interest you. Read our Privacy and Cookies policies to find out more.

News Japan

Mar 2, 2017 | News Japan

上田塾25周年記念講演会開催される

by Dental Tribune Japan

上田塾25周年記念講演会(主宰:上田秀朗氏・福岡県開業)が、2月25日(土)・26日(日)、JR九州ホール(福岡市博多区)において開催された(参加者:約650名)。
同会は、1992年に数名の規模でスタートした上田氏を中心とした勉強会で、今年で25周年を迎え、会員数も57名に増えた。「これからの明るい歯科界を目指して」をテーマに、歯科界を牽引する12名の臨床家が登壇し、2日間にわたって講演が行われた。

上田氏の挨拶のあと、友人である俳優の岩城滉一氏が登場し、お祝いムードに花を添えた。1日目は、下川公一氏(福岡県開業)、水上哲也氏(福岡県開業)、白石和仁氏(福岡県開業)、筒井照子氏(福岡県開業)、河原英雄氏(大分県開業)が登壇。水上氏は「総合歯科診療のなかでの再生療法」と題して、歯周治療の体系を基盤とした総合歯科診療の流れを解説した。急激な骨吸収と炎症の原因として、セメント質剝離に着目。診断や症状、臨床所見について解説し、治療に際しては抜歯のイメージが強いが、適切な処置で多くは改善すると述べた。

2日目は、大村祐進氏(山口県開業)、夏堀礼二氏(青森県開業)、山下恒彦氏(デンテックインターナショナル)、榊 恭範氏(福岡県開業)、堀内克啓氏(奈良県開業)、山﨑長郎氏(東京都開業)、上田秀朗氏(福岡県開業)が登壇。上田氏は「包括歯科臨床の実際〜審美的で機能的な咬合再構成を求めて〜」と題して、包括歯科臨床を行った症例を歯列不正、歯周病、多数歯欠損に分類し、治療計画の立案や治療の手順について解説した。

Print  |  Send to a friend