Advertising
OK We use cookies to enhance your visit to our site and to bring you advertisements that might interest you. Read our Privacy and Cookies policies to find out more.

News Japan

2月5日の「MIワールドシンポジウムin Tokyo」ではMIにおける歯科治療のコンセプトが話し合われた。(写真:GC Cooperation)
Mar 8, 2017 | News Japan

「MIワールドシンポジウム」東京で開催

by Dental Tribune International

日本、東京: 2月5日、「MIワールドシンポジウムin Tokyo」(主催:株式会社ジーシー)で、MIによる歯科治療における最新のコンセプトをテーマに、そうそうたる顔触れの臨床家たちが一堂に会した。このイベントの開催は、同社の創業95周年とGC友の会60周年を記念する行事の一環でもあった。

同社によるMI(Minimal Intervention)アプローチは、1999年にFDI世界歯科連盟が提唱したMIコンセプトに基づいて構築され、翌年に導入されたものである。GCヨーロッパMIアドバイザリーボードは後に、臨床現場でMIコンセプトを実現させるため、MIプラン(MITP)を作成した。

「MIワールドシンポジウム」では、国内外の臨床家と研究者がさまざまなテーマについて話し合った。テーマには、MIマネージメント戦略や材料ソリューションのほか、年齢、疾患状態、治療選択肢などのパラメーターを考慮した様々な症例が提示された。

基調講演は、「今こそ、変化の時だ!~MI:21世紀における成功する臨床の新しい道しるべ~」と題するもので、ドイツのElmar Reich氏が日常的な臨床現場でのMITPの実践について語った。さらに、GC MIアドバイザリーボードの3名のメンバーが今後のMIの展望について講演を行った。スペインのEsther Ruiz de Castañeda氏によるホリスティックアプローチでのカリエス病変の早期発見を強調した講演を皮切りに、イタリアのMatteo Basso氏による適切な材料を使った長期間の予防ケアについての講演、クロアチアのIvana Miletić氏による生物学的観点に基づくMIの修復・補綴処置をテーマとした講演が行われた。

大阪大学大学院 歯学研究科 口腔分子感染制御学講座 教授の林美加子氏は、日本人の講演者として、最新のエビデンス、最近のベストな材料、高度な臨床テクニックを踏まえて、患者の健康寿命を延ばすためにMIを生かすことの重要性について講演を行った。最後に、最近、歯学、歯科界、歯科教育への貢献が評価されオーストラリア勲章(Medal of the Order of Australia)を受賞したIan Meyers氏による、高齢者の歯の保存と修復・補綴に焦点を当てたレクチャーが行われた。

また、これらのセミナーに加えて、シンポジウムの参加者たちは、展示会場でジーシーの最新の製品とイノベーションについて知ることができた。

Print  |  Send to a friend