OK We use cookies to enhance your visit to our site and to bring you advertisements that might interest you. Read our Privacy and Cookies policies to find out more.

News Japan

Mar 22, 2017 | News Japan

クラレノリタケデンタルとデンツプライ シロナがパートナーシップ契約締結 ~CAD/CAM 材料の事業展開を加速~

by Dental Tribune Japan

クラレノリタケデンタル株式会社(東京都千代田区、有川清之社長)は、デンツプライ シロナ株式会社(東京都港区、北本 優子社長)と歯科用CAD/CAMソリューションに関するパートナーシップ契約を締結した。

同社は2012年にクラレメディカル株式会社と株式会社ノリタケデンタルサプライとを統合し発足、それぞれの特長ある技術力や事業分野を組み合わせることによって事業を拡大、近年急速に拡大している CAD/CAM領域においても、レジンとセラミックスの技術を活かした審美性の高い CAD/CAM材料を開発し、事業拡大を進めている。同社の CAD/CAM用レジンブロックは、ナノフィラーを高密度に配合する独自の製造法により優れた強度と滑沢耐久性を有している。

一方、本年1月にデンツプライ三金株式会社とシロナデンタルシステムズ株式会社の合併により発足した歯科材料及び歯科用機器の世界最大手メーカーである、デンツプライ シロナ株式会社が展開する歯科用CAD/CAMシステム「CEREC」は、世界中で高いシェアを有しており、日本市場においても幅広く使用されているシステムである。

本契約の締結により、日本市場においてデンツプライ シロナの「CEREC」ユーザーが、クラウンやインレーなどの歯科修復物を製作するための材料として、クラレノリタケデンタルのCAD/CAM用レジンブロックを選択することが可能になり、歯科技工所のみならず歯科医院においても CAD/CAM用レジンブロックの加工が可能になる。

今後、デンツプライ シロナの「inLab」(技工所用システム)に関しても、CAD/CAM用レジンブロックに加え、<ノリタケカタナジルコニア>のディスクの加工も可能となる予定だ。
対応製品の発売時期 は2017年夏頃を予定している。

Print  |  Send to a friend