OK We use cookies to enhance your visit to our site and to bring you advertisements that might interest you. Read our Privacy and Cookies policies to find out more.

News Japan

Apr 20, 2017 | News Japan

日本顕微鏡歯科学会第14回学術大会・総会開催される

by Dental Tribune Japan

日本顕微鏡歯科学会第14回学術大会・総会が4月14日㈮、15日㈯、16日㈰の3 日間にわたり、一橋講堂(東京都千代田区)において開催された(大会長:鈴木 真名氏・東京都開業)。ハンズオンコース、シンポジウム、衛生士セッション、 企業フォーラムなど多岐にわたるプログラムが組まれ、ブラジルやイスラエル、 台湾など、海外からの参加者も多く見受けられた(参加者:約700名)。

基調講演「顕微鏡が歯科をリードする」では、鈴木真名大会長が登壇。現在の 国内での歯科用顕微鏡の販売台数は7,000台を超え、世界的にみても多いことを 示唆。見えるということはアドバンテージになる。顕微鏡を覗くことは、特別な 治療をするためではなく、ベーシックな治療をより確実に行うためであると述 べ、ハイクオリティな仕事にはかかせないものであるとした。

第13回学術大会・大会長記念講演「根尖よりガッタパーチャが漏出した上顎左 側第二大臼歯への再根管治療」では、長尾大輔氏(茨城県開業)が登壇。外科的 侵襲を加えずに、終始根管経由で歯根端切除を行うInternal Apicoectomyを、動 画を用い紹介。外科的処置を施しづらい有病者や高齢者への新たな選択肢となり 得ることを提言した。

シンポジウム2「保存へのチャレンジ」では、北島 一氏(静岡県開業)、興 地隆史氏(東医歯大)、岡口守雄氏(東京都開業)の3名が登壇。パネルディス カッションで興地氏は、今後の歯科用顕微鏡の展開として、レジン系シーラーや MTAの除去への活用への期待を語った。

Print  |  Send to a friend