OK We use cookies to enhance your visit to our site and to bring you advertisements that might interest you. Read our Privacy and Cookies policies to find out more.

News Japan

Apr 27, 2017 | News Japan

日本デジタル歯科学会 第8回学術大会開催される

by Dental Tribune Japan

日本デジタル歯科学会 第8回学術大会が、4月22日㈯、23日㈰の両日、鶴見大学記念館(神奈川県横浜市)において開催された(大会長:大久保力廣氏・鶴見大学歯学部:写真)。

日本デジタル歯科学会 第8回学術大会が、4月22日(土)、23日(日)の両日、鶴見大学記念館(神奈川県横浜市)において開催された(大会長:大久保力廣氏・鶴見大学歯学部:写真)。「デジタルにより何が変わるのか−次世代歯科医療への提言−」をメインテーマに、各種講演やシンポジウム、ポスター展示などが行われた(参加者:約450名)。

大会長講演は、大久保力廣氏が「有床義歯のデジタル製作」と題し、講演を行った。インプラント上部構造やクラウンブリッジと比較して、有床義歯のCAD/CAM製作はやや遅れているといわれる現状を踏まえて、海外ではすでに上市されているDENTCAシステムによるコンプリートデンチャー製作について考察を行った。CAD/CAMデンチャーについては、とくに再製作が必要なときに、使用中の義歯をスキャンしてすぐにコピーデンチャーが作れる点や、形状のデータを保管できる点が従来法より優れていることを強調した。

シンポジウム4では「臨床におけるデジタルソリューションの構築」と題し、草間幸夫氏(東京都開業)が登壇。自院で実践しているデジタルソリューションを紹介するとともに、CAD/CAMによる修復物を臨床に応用するためのポイントとして、精度の確保、シェードマッチング、咬合の付与の3点を挙げ、それぞれに押さえておくべきことを解説した。

教育講演では、「三次元積層造形の歯科応用」と題し、新谷明喜氏(日本大学名誉教授)が登壇し、3Dプリンターによる光硬化樹脂修復の現状などについて解説した。

Print  |  Send to a friend