OK We use cookies to enhance your visit to our site and to bring you advertisements that might interest you. Read our Privacy and Cookies policies to find out more.

News Japan

Jun 19, 2017 | News Japan

日本歯科保存学会2017年度春季学術大会開催される

by Dental Tribune Japan

日本歯科保存学会2017年度春季学術大会(大会長:真鍋厚史氏・昭大歯)が、6月8日(木)、9日(金)の2日間、リンクステーションホール青森(青森県青森市)で開催された(参加者:約1,200名)。

基調講演では、槇 宏太郎氏(昭大歯)が「歯科矯正治療─意義の再考と課題の解決に向けて─」と題し登壇。新しい矯正治療法が次々に登場し、矯正治療に関する国民の認知度も向上するなか、矯正治療が国民の健康にどのような影響を与えるかを解説。中高齢者において、健康な口腔を維持しているときに矯正治療を行うことで、咬合崩壊など重篤な状態を回避できるとしたうえで、患者に矯正治療を提案するためにも、矯正治療の知識や技術を身につけるべきであると述べた。

「顔面と口腔の美─特に健康的機能美を中心に─」と題して行われたシンポジウムでは、佐藤 亨氏(東歯大)、松尾 通氏(東京都開業)、大久保文雄氏(昭和大学形成外科学講座)が登壇。佐藤氏は、顎口腔機能の基本として正中の重要さを挙げ、咬合、顔貌のみならず全身の正中が整っていることで、全身の正しい機能が発揮できることを解説。松尾氏は、団塊世代が後期高齢者となる2025年が歯科においてもターニングポイントになると述べ、これからはQOLの向上を伴った「よい年齢の刻み方」が重要であり、容姿の管理を含めた歯科からのサポートは大きいと説明した。大久保氏は、形成外科の立場から現在の美容医療の実際を紹介。年齢、人種、性別によって、美しさの基準は異なることを解説した。

Print  |  Send to a friend