OK We use cookies to enhance your visit to our site and to bring you advertisements that might interest you. Read our Privacy and Cookies policies to find out more.

Clinical Overview

完成したIS-FPD。咬合面はワクシングで再現されているため、仕上げや研磨などは容易である。Co-Crシリンダーは直接陶材焼き付けが可能なため、陶材のフィニッシングラインも設定しやすい
Nov 29, 2016 | Overview Japan

スクリューリテイン式上部構造の製作コストを大幅に削減!!

by Dental Tribune Japan

本稿では、コバルトクロム合金(Cobalt-Chromium Alloy:以下、Co-Cr合金)シリンダーを使用し、Co-Cr合金フレーム(frameworks:以下、Fr)で製作されたインプラント支持固定性部分義歯(Implant-Supported Fixed Partial Denture:以下、IS-FPD)について、その特性と臨床応用を簡潔に紹介する。また、Titaniumを「Ti」、Zirconiaを「Zr」、そしてBrånemark Implant Systemを「Bmk」と表記する。

Co-CrシリンダーとCo-Cr合金Frの材料特性
Co-CrシリンダーとCo-Cr合金FrのIS-FPDへの応用が紹介されている1)。初期Bmkに使用されていたCo-Cr合金のFr、その後のタイプ3金合金のFrも、インプラントアバットメントとスクリューでの結合部であるシリンダーには、金合金製のシリンダーが使われていた。
その後、バーンアウトの鋳造シリンダーに変わっていったが、Co-Cr鋳造シリンダーはその適合の悪さから再びゴールドシリンダーとの接合に戻っているようである。近年ではレーザー溶接で接合が行われてきた2)。いずれにせよ、ゴールドスタンダードは長い間ゴールドシリンダーであったようである3)。 CAD/CAMなどの技術的発展により最近ではTi製、Zr製シリンダーが主流になっているようだが、Co-Cr合金のCAD/CAMによるIS-FPD-Frの製作も行われている。
本稿で紹介するシリンダーのユニークな点は、ゴールドやTi製でなく、従来にはなかったCo-Cr合金製ということである。しかも、鋳造では望まれる品質の均質性が得にくいため4)、従来では困難とされてきたRawのCo-Cr合金から人によるマシーニング(Machining)削り出しによって製作されている(図1)。Co-Cr合金であるダン・コバルトボンド(日本歯科金属)インゴッドを鋳造欠陥のないOCCプロセス棒と呼ばれる直径7mmの状態にしてからマシーニングされている5,6)。このマシーニングによってシリンダー本来の機械的強度が保たれていると考えられる。また、Co-Cr合金Fr+Co-Crシリンダーとの組み合わせで、すべてのフレーム製作(Co-Cr合金FrとCo-Crシリンダーとの鋳接)が可能になったことも特筆すべき点である。Co-Cr合金製IS-FPDの利点は、低価格、生体適合性、腐食に対する抵抗性、鋳造性、重量(比較的軽い)、そして硬さである(図2)1-3,7,8)
図2をみると、耐力0.2%という項目において6Al−4V Tiがトップであり、ヤング率ではダン・コバルトボンドがトップである。耐力とは0.2%変形させるのに必要な力であり、ヤング率とはたわませるのに必要な力である。つまり、6Al−4V Tiを変形させるには、少ない力で始めて0.2%変形させるのに825MPaかかるということになり、非常に弾力があることがうかがえる。IS-FPDに必要とされる機械的性質において、Co-Cr合金はTi、Ti合金、タイプ3金合金に負けていない。

Co-CrシリンダーとCo-Cr合金Frを使用したIS-FPDの製作の実際
製作過程から完成まで、図3〜8に解説する。

Co-Cr合金製IS-FPDの臨床応用
2012年7月から2015年1月までに、Co-CrシリンダーとCo-Cr合金製Frを使用したIS-FPD(装着後1年6ヵ月以上経過)は、23症例を数える。他にも現在では、Ti-Ceramic、Ti-Hybrid、Zr-Ceramic製のIS-FPD、過去に10年以上経過したタイプ3金合金IS-FPDも並行して経過観察している。23症例中セラミック14症例(60.9%)、ハイブリッド9症例(39.1%)であった。セラミック14症例中2症例に陶材の小さなチッピング(14.3%)がみられたが、装着したままの研磨で対応可能であった。ハイブリッドでのトラブルはない(0%)。
筆者の経験的感触では、とくにポーセレンとの相性がタイプ3金合金に並ぶのではないかと考えている。感触どおりポーセレンとの相性がタイプ3金合金に並ぶとしたら、審美的IS-FPD製作に関してCo-Crシリンダーの出現は、従来の鋳造法ながら新たな選択肢として加わることが期待される。

謝辞
当論文執筆にあたりCo-Crシリンダーの開発者であり、惜しみない資料提供を快諾いただいたN−implant logic(〒583-0846 大阪府羽曳野市東阪田465)代表取締役 歯科技工士 中矢敦三氏、また日本歯科金属株式会社、株式会社インプラテックスに深く感謝いたします。

【参考文献】
1)Kato S:mplant prosthesis with cobalt-chromium cylinder. Practice in prosthodontics(in Japanese), 49 : 467-468, 2016.
2)Teigen K, Jokstad A:Dental implant suprastructures using cobalt-chromium alloy compared with gold alloy framework veneered with ceramic or acrylic resion: a retrospective cohort study up to 18 years. Clin Oral Implants Res, 853-860, 2012.
3)Nilsson U, Murakami I:Personal communication in lecture meeting for Japanese Academy of Osseointegration at Nagoya. 19th November. 2000.
4)Kano S, Binon PP, Bonfante G, Curtis DA:The effect of casing procedures on rotational misfit in castable abutments. Int J Oral Maxxilofac Implants, 22 : 575-579, 2007.
5)Yamazaki H, Ohno A, Motoyasu G, Shimizu T, Soda H:Casting of stellite welding rod by the vertical occ process (in Japanese). J Japan Inst Metals, 57 : 190-194, 1993.
6)Ohno A:The Ohno continuous casting process and its application to near-net shape casting proc. Int. symp. on casting of net and near-net shape products. Eds: Sahai et al., The Metallurginal Society, USA. 177-184, 1988.
7)Hunlterstrom M, Nilsson U:Cobalt-chromium as a framework material in implant-supported fixed prostheses: a preliminary report. Int J Oral Maxillofac Implants, 6 : 475-480, 1991.
8)Hunlterstrom M, Nilsson U:Cobalt-chromium as a framework material in implant-supported fixed prostheses: a 3-year follow-up. Int J Oral Maxillofac Implants, 9 : 449-454, 1994.

加藤 哲
大阪府・医療法人明新会 かとう歯科医院 インプラントセンター

デンタルダイヤモンド2016年10月号「臨床に役立つすぐれモノ」

 

Print  |  Send to a friend